遺言に対する間違ったあれこれ

遺言書について、正しく理解し、後世に引き継ぐことが、遺すものの役目かと思います。

遺言書について、間違った認識をされている方が
少なくありません。


“遺言に対する間違ったあれこれ” の詳細は »

秘密証書遺言の方法

秘密証書遺言の手順と特徴についてポイントを紹介します

秘密証書遺言は、自分で作成した遺言書を、内容を秘密にしたまま公証人にその存在を証明してもらうというものです。自筆証書遺言と違い、遺言者の自筆でなくて良いのが大きな特徴です。但し、証明はしてもらっても保管は自分ですることとなりますから、紛失や第三者による隠匿などの心配があります。
“秘密証書遺言の方法” の詳細は »

贈与と寄与分の出し方

被相続人に対して生前その財産の維持や増加に貢献した場合、相続の時にその貢献した分を加味する制度があります

共同相続人の中に、被相続人から生前に贈与を受けた人がいる場合、相続分を他の共同相続人と相続分通りに分けると不公平が生じます。このような場合、受けた贈与分を相続財産とみなして相続財産に加算します(これを特別受益の持戻しといいます)。この加算された額で法定相続分の計算をし、贈与を受けた者はその贈与分を差引いた残額が贈与分となります。
“贈与と寄与分の出し方” の詳細は »

交通事故での損害賠償

損害賠償金は相続財産なのか、それとも受取人固有の権利なのか。

交通事故で身近な人を奪われてしまう。やるせない憤りと深い悲しみに覆われてしまう事でしょう。交通事故の場合その責務は当然運転者にあるわけですが、この運転手に対し相続人は賠償を求めることが出来ます。また、運転手が業務中に起こした事故であればその業務の使用人たる会社にも賠償責任があります。
“交通事故での損害賠償” の詳細は »

生命保険の受取と相続税

生命保険を受け取った場合、相続財産として含まれるのか、またその税金はかかってくるものなのか

相続において、生命保険は相続財産に含まれないとされていますが、税金などどうなっているのか心配の方も多いかと思います。

保険金受取人といて特定の人が指定されている場合には、生命保険請求権をもつのは受取人の指定を受けている固有の権利となり、相続財産ではなく遺産分割の対象にもなりません。
“生命保険の受取と相続税” の詳細は »

不動産の相続で起こり得ること

不動産の相続は既に住んでいる人に優先されるのでしょうか

相続財産は多岐に亘り、多くの方がイメージする相続財産は不動産と預貯金ではないでしょうか。このうちの不動産について少し見てみましょう。

不動産は相続財産の中でも非常に大きい割合を占めています。その為、この不動産を巡る争いは少なくありません。
“不動産の相続で起こり得ること” の詳細は »